小町のいっちょかみ帳

熱しやすく冷めやすい「いっちょかみ」です。日々、興味のあることを適当に書くよ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一生懸命生きてる人ってすごいよね。
例えばスポーツ選手。
成果を出している人の言葉には重みがある。
そして、すごくすごく考えてるんだなって思う。

自分に一生懸命生きているかと問うと
その答えはNoです。
学校に行き始めて3年目。
来年は大きな試験が控えています。
本当に一生懸命やらなければならないんだけど、
日々の生活に追われ、雑念にまみれ、
しんどいなぁとさぼり・・・
反省の毎日。

頑張ろう。
スポンサーサイト
 

パタリロの56巻に

「まつだいらけんの ま と け をひっくり返して けつだいらまん!」

というセリフがある。

これを読んだとき、わたしの体には衝撃が走り、笑い転げ息ができなくなった。
けつだいらまんって!けつだいらまんって!
わははは

あまりにもおもしろかったので、
いろんな友達に56巻の件のページを開き、これおもしろいでしょ?
ね?ね?
と見せまくったのだが、
友人たちの反応は一様に薄く、
ぼんやりとした目でわたしを見返すのみだった。

友人たちのあまりの感受性のなさに当時は絶望を覚えたものだった。

そして、今。
わたしはかれこれ2時間ほどまえから、
有名人の苗字と名前の最初の一文字をひっくり返して
おもしろい名前になる人はいないか探し続けている。
けつ、と、まんがおもしろいのだと思って、
重点的にマ行の有名人をあたっているのだが、
所詮は二番煎じ。

「まつやまけんいちの ま と け をひっくり返して 
けつやままんいち!」

オリジナルを超える人物にはまだ巡り合っていない。

魔夜先生はなぜ苗字と名前の最初の一文字をいれかえようと思ったのか、
どうやってけつだいらまんにいきあたったのか、
その発想の泉を尊敬してやまない。

あ、そうだ、
かれピロについてブログ書こうと思って
いそいそと開いたら、
ちゃんと前の記事で書いてたんだね。

書いてたことを忘れる自分にびっくり。てへっ。

こないだ飲みに行ってきました。
ドラッグクィーン系のオカマさんがたくさんいるところへ。
みなさんツケまつげバサバサで、
メイクものりのりで、カツラもすごくて
ヒールもすごくて
とても楽しいところだった。

で、楽しく飲んでたら、
隣のテーブルに座ってたお兄さんに
「声、かわいいですね」って言われた。

え?なに?私の声がかわいいですとーーーー♪
そんなこと今まで言われたことねぇ。
すごいうれしいんですけどーーーーー♪

「ありがとうございます」
ってめっちゃ高い声でお礼言った。
知り合いが聞いたら「きしょっ」って言いそうなぐらい
声つくって言った。

「やっぱりかわいい。どうしてそんなかわいい声なんですか」


だって。

うひょーー
これは新手のナンパですか?
なんつって調子のってたんだけどさ、

やっぱりさ、腑に落ちないわけ。

だって、私の声別にかわいくない。
どっちかっていうと女にしては低い方。
今まで誰からも声についてほめられたことねぇしな、、、
と思ってて、
ほめられた理由がわかりました。

この男、私をオカマだと思っておる!!!!

いやさーー、確かに、すげぇヒールはいてたよ。
身長180センチ近くあったよ。
そして、スカートとかも年の割に短いのはいてたよ。
メイクもノリノリでツケまつげとかついてたよ。

しかぁーーし!
オカマではない。
れっきとした女ですけど!

その後は、一緒に言った友達に
「私って男に見える?」
「ううん、そんなことないよ」
というやりとりを延々繰り返し、なぐさめてもらう飲みにかわりました。

では、また。





最近、腐女子の友達ができまして、
おすすめのBLマンガなどを貸していただいております。

正直いって、私は男×男よりも、女×男のエロ漫画の方が
もんもんします。
だってー、やっぱり自己投影できるじゃないですか、女の方が。

という話をしたら、
「相手が男だからいいんじゃないか!!!」と言われました。
女だと嫉妬するからと。

まぁ、わからんでもない。

彼氏が女に寝取られたら腹が立つけれど、
男に寝取られたら
「まぁ、しょうがないか、、、」っていう気分になるのと
一緒なのか。

でねー、そんな友達と一緒に
日本橋(大阪の秋葉原みたいなところ)にいってきて、
これ買いましたーーー!


写真

「かれピロ」
大好きな彼とHして腕まくらでピロートークされちゃうシリーズ
年下彼氏とおうちデートで♡編


店員さんに「エロいのどれですか?」って聞いたら
「かれピロシリーズは売れてますよ」って言われたので
迷わず購入しました。

正直、こういうものを購入するようになったら終わりだなって思ってた。
人に公にできない時点で終わりだなって。

でもね、なかなか楽しかったです。
たまに、にやにやしてしまう場面もありました。
エロスはそんなに過激じゃありません。

あと、声優さんがかなり低音ボイスで
年下彼氏というよりは、おっさん彼氏のようだったところが
マイナスポイントでしょうか。


ついでに、「世界の下着」という看板にひかれて
大人のおもちゃが売っているお店ものぞいてみました。
おっさん3人が、「俺も昔はこれぐらいたってたんだよな」と言いながら
バイブをいじり倒していました。

カオスですね。

その後、声にはまってしまって
「イケメンボイス」で検索した結果、
ガテン系のお兄さんが、お金につられてイヤイヤ、オナニーをするという
動画にまでたどりつきましたが、
この履歴はしっかり削除しておかねば、と思います。


本日は下ネタ満載のブログで失礼しました。
では、さらば。
「愛の渦」 見ました。

71vLgE+ZVyL__SY679_.jpg


久しぶりに映画観て笑ったよ。
おもしろい映画でした。

あらすじはねー、エロ男女が集まってある部屋でセックスするっていう話なんだけど
男女がセックスるに至るまでのやりとりとか、
セックスしてその人の本性が見えたりとか、
ちょっとした恋心が見えたりとか、
童貞君の成長っぷりとか、
窪塚のかっこよさとか、
エッジが効いていておもしろいです。

なんにせよ、人選がすばらしい。
よくぞ、こんな微妙な感じの人たちを集めたなって。
後半に出てくる、カップルなんて
もうぴったりの容姿だかんね。

一度見てほしい。

あ、エロイので、家族でみたりするのはおすすめしません。
わたしは、子供が寝た後に
こっそり、イヤホンをつけてPCで見ました。

そして、見終わった後に
おもろかったーー!と映画の感想を誰かと語り合いたかったのですが、
まったくもって語り合う相手がおらず
なんかもんもんとした。

なので、見た人いたら、一緒に語り合おう。
私が一番笑ったセリフは、やっぱり

「ずっとアナルにいれてたかんね」

です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。